DNSサーバがこけたら大変やばいことになるので、基本多重化されています。

しかし、複数台DNSサーバを立ててしまうと同じゾーンデータを複数設定しなければならないので、非常に面倒というか、ミスが起こるかも知れません。そこで、DNSサーバは、以下の2つの役割で多重化されます。

マスターサーバ
管理者が設定するゾーンデータを持つサーバ

スレーブサーバ
マスターサーバからのゾーンデータのコピーを持つサーバ

なので、オリジナルはマスターサーバが持ち、そのコピーをスレーブサーバが持ちます。
スレーブサーバがマスターサーバのゾーンデータをコピーすることを「ゾーン転送」といいます。




マスターサーバとスレーブサーバの名前解決は、一般的に最も返答の速いサーバが選ばれます

もう一度言います。

「マスターサーバとスレーブサーバの名前解決は、一般的に最も返答の速いサーバが選ばれます。」くどいようですが、そういうことです。

決して、マスターサーバが死んだときに使われるとか、ではありません。マスターサーバもスレーブサーバも区別無く、皆平等に使われます。


今回は、ここでおわり。

覚えておくべきキーワードは、、、

「マスターサーバ」
「スレーブサーバ」
「ゾーン転送」
「マスターサーバ、スレーブサーバ、どっちが名前解決するか?」


です。しっかり覚えておきましょう。。