DNSはただ単にドメイン名からIPアドレスを調べるだけのものではありません。

レコードという形で様々なデータを参照することが出来ます。

それではさっそくレコードを見てみましょう。


1.Aレコード
FQDNからIPアドレスを調べるのがAレコード

www.example.com.     3600    IN A    192.168.1.1


「www.example.com」 が FQDN
「3600」 が TTL(この例では3600秒)
「A」 が Aレコード
「192.168.1.1」 が IPアドレス

いわゆる正引きといわれるレコードです。




2.AAAAレコード
こちらもFQDNからIPアドレスを調べるレコードですが、こちらはIPv6用の正引きレコードです。

www.example.com.     1D    IN AAAA    ffea:120:551:::::246




3.CNAMEレコード
CNAMEレコードはコンピュータに別名を定義します。
Aレコードで付けたFQDNとは別の名前をコンピュータに付けることが出来ます。

smtp.example.com.     3600    IN CNAME   www.example.com

「smtp.example.com」 が別名。
「www.example.com」 が正規名です。

ちなみに正規名はAレコードで定義されたものを使います。
CNAMEで定義した別名は他のレコードの正規名として代用する事はできません。

www.example.com.     3600    IN A    192.168.1.1
smtp.example.com.     3600    IN CNAME   www.example.com
上記の様に設定した場合、どちらも「192.168.1.1」にアクセスできます。











4.NSレコード
NSレコードはゾーンの権威を委譲するときに使います。
NSレコードは再起問い合わせを行なう際に、そのゾーンの権威を持つDNSサーバを指定します。

example.com.     1D    IN NS    ns1.example.com

example.com.     1D    IN NS    ns2.example.com

例えば上記の様に記載されている場合、
「example.com」 というゾーン名に対して、「ns1.example.com」と「ns2.example.com」という2台のDNSサーバのFQDNを指定しています。
再起問い合わせでは、NSレコードの情報を使って、順次DNSサーバに問い合わせが行なわれるのです。

DNSサーバのFQDNはAレコードで定義されているFQDNである必要があります。



5.SOAレコード
SOAレコードには、そのゾーンの権威を持っているマスターサーバのFQDN、ゾーン転送に関する設定などが記載されます。

example.jp.     3600    IN SOA  ns1.example.jp. (
                                  postmaster.example.jp.
                                  2003031401      ; Serial
                                  3600            ; Refresh
                                  900             ; Retry
                                  604800          ; Expire
                                  3600 )          ; Negative cache TTL



6.MXレコード
MXレコードはメールアドレスに利用するドメイン名を定義するレコードです。
たとえば、「hogehoge@mail01.example.com」というメールは「mail01.example.com」というメールサーバ宛に届きます。
しかし、メールアドレスのドメイン名はメールサーバのFQDNそのままよりもスッキリします。そこでメールアドレスに利用するドメイン名を定義するためにMXレコードが使われるのです。

example.jp.     3600    IN MX   10 mail01.example.jp.

この例では、「~@example.com」宛のメールは「mail01.example.com」というメールサーバに送られるということになります。このようにMXレコードによってメールアドレス用のドメイン名からメールサーバのFQDNがわかるというわけです。

MXレコードについては、プリファレンス値という値が存在します。上記の例ですと「10」の部分です。これは複数MXレコードがある場合、すなわち複数メールサーバがあるときの優先順位を示します。値が低い方が優先順位が高くなります。

example.jp.     3600    IN MX   10 mail01.example.jp.
example.jp.     3600    IN MX   20 mail02.example.jp.

メールの配送がうまくいかなかったときに、つぎに優先順位が高いメールサーバへ配送されます。


7.PTRレコード
PTRレコードは逆引き専用のレコードになります。

1.1.168.192.in-addr.arpa.     IN     PTR     www.example.com.

この例では、IPアドレス「192.168.1.1」を逆引きすると「www.example.com」が返ってくるようになります。



今日はこの辺でおわり。
たくさんレコードの種類が出てきましたね。
本日覚えておくキーワードは、、、、

「Aレコード」
「AAAAレコード」
「CNAMEレコード」
「NSレコード」
「SOAレコード」
「MXレコード」
「PTRレコード」


です。しっかり忘れないように覚えておきましょう。